房総ゴルフ場 大上ゴルフ場

房総ゴルフ場 東コース

房総ゴルフ場東コース

房総ゴルフ場東コース

房総ゴルフ場図

東コース コースレイアウト

東コース ヤーデージ【yardage】

yardage

房総ゴルフ場 東コース ローカルルール (2014年1月1日更新)

1. アウトオブバウンズの境界は白杭、修理地の限界は青杭又は白線をもって標示する。

2. ウォーターハザードの限界は黄杭又は黄線、ラテラル・ウォーターハザードの限界は赤杭又は赤線をもって標示する。

3. 排水溝は動かせない障害物とする。

4. 人工の表面を持つ道路に接した排水溝は、その道路の一部とみなす。

5. 樹木の支柱、支線は動かせない障害物とする。樹木保護の巻物施設は樹木の一部とみなす。球がこの施設に止まった場合は罰なしに直下の地点からホールに近づかない1クラブレングス以内にドロップすることができる。
(拾い上げた球は罰なしに拭くことができる。)

6. ラウンド中、ホールアウトしたグリーン上において、又はそのグリーンを目標にして練習してはならない。
(本項の反則は2打付加)

7. スルーザグリーンで、ピッチマークに球がくい込んでいるときは、その球は罰なしに拾い上げて拭き、ホールに近づかず、しかも球の止まっていた箇所にできるだけ近い所にドロップすることができる。ドロップの際、球はスルーザグリーンのコース上に直接落ちなければならない。

8. グリーン上ではパターが破損の場合を除き、パター以外のクラブの使用を禁ずる。
(本項の反則は2打付加)

9. 動かせない障害物 (固定スプリンクラーヘッド等) による障害からの救済はゴルフ規則24-2により受けることができる。
加えて、球がグリーン外のハザードでない所にある場合で、動かせない障害物 (固定スプリンクラーヘッド等) が (イ) グリーン上か又はグリーンから2クラブレングス以内にあり、 (ロ) 球からも2クラブレングスの範囲内で、しかも (ハ) 球とホールの間のプレーの線上にかかっているときは、プレーヤーは次のような救済を受けることができる。
その球は拾い上げて(a) ホールには近づかずに、 (b) 障害物の介在が避けられる、 (c) ハザード内でもグリーン上でもない場所で、球のあった箇所に最も近い所にドロップしなければならない。拾い上げた球は拭くことができる。

10. プレーヤーの球が、乗用カートに当たった場合は、いかなる場合もそのプレーヤーは1打の罰を受ける。また、球はそのままの状態でプレーを続けなければならない。

11. 乗用カートに備え付けてあるGPSナビシステムの利用を可能とする。

12. 上記以外は全てJ.G.A.ゴルフ規則による。

13. その他のローカルルールは随時クラブハウスに掲示し、その日から効力を発する。

房総半島に広がる個性豊かな54ホール 房総カントリークラブ 房総ゴルフ場(36H)Tel.0475-43-0111 大上ゴルフ場(18H)Tel.0475-43-0511